気が付くと風邪?

暑かったり寒かったり毎日のように雨ばかり、
ジメジメ湿度が凄いのでエアコン設定温度を26度にする・・
少々風は冷たいと思うもののカラッとし、風は心地よい~
しかし最近、夜、横になるとどうにも眠れなくて、時々心臓もバクバクするのが不思議です。
ソファでテレビを見ている時にはうたたねしているのに・・
どうしてかなあ~。と思う。
1か月前にリーゼをやめたのが原因かしら?
などと考えていたら今度は胃が動いてない感じで消化不良。
重苦しくて余計に眠れない。

1か月前に病院で貰った、PL顆粒(総合感冒薬)、ムコソルバン(痰を出やすくする薬)
を飲んだら、心臓のバクバクがおさまりゆっくり眠れた。
次の朝、鼻水や痰が出ることで体も楽になった。

痰が貯まる前に咳が出ないものか?体、鈍いんじゃない?

痰が貯まると息苦しく心臓の鼓動が激しくなり、胃の調子を悪くしする。
湿度をとるためエアコンの冷たい風が心地よいけど×?
暑くても少し窓を開けて寝るのは朝方寒いので×。
埃・かび?
窓から入ってくるたばこの煙ものどが痛い?
風邪?
それともアレルギー?
ストレス?
体調を維持するのは難しいです。
暑かったり寒かったりで体がついていけない。

先週、この団地で親しく話をしてくださる男性が突然亡くなってしまいました。
もと高校の先生。最近娘さんの心臓の悪いことで心配が多かったけど
無事手術は成功し、元気になりお盆には車で帰ってくると言っていました。
「良かったですね~。人生を生ききるのは本当に大変ですよねぇ」と言い
「ほんと!そうだよねぇ」と言いながらいつものように自転車で帰って行った
その人がもういない事が残念でならないです。
スポンサーサイト

オーシャンドリーム号

小雨の中、横浜大桟橋国際客船ターミナルへ
オーシャンドリーム号の見学へ行ってきました。
「飛鳥」ほど値段が高くなく、船旅が楽しめるようですが
それでもお高い!

4階~10階まであり様々な客室を見学できました・・
窓側のお部屋4人部屋、2人部屋、バルコニー付、廊下側
値段設定も様々。どのお部屋もホテルの一室の様
沢山の国を船に宿泊しながら観光できるって
優雅な旅・・。船の中ではショー、ゲーム、セミナーと様々な体験もできる。
10階のデッキへ出てみると、「飛鳥Ⅱ」が停泊中でした。
こちらも動く豪華ホテルです。
「オーシャンドリーム号」を見学に行ったのに、帰りには
すっかり「飛鳥Ⅱ」に1泊2日のクルーズでも良いなあ~
乗ってみたいなあ~と思ってしまいました。
しかし、どちらも夢のまた夢です。

KIF_2185.jpg

本当は誰の仕事なのか確認する?

組合の事務員Tさんに聞いてみた。
「集会所のエアコンの掃除は、本当は誰の仕事なの?」すると・・
「そちらの会社の仕事です。前は事務の前任者がやっていたから」と。
・・・
そののち事務局長へ聞いてみた。すると?
「組合の仕事です。この前は凄い埃だったので緊急にやったけど
次回からは業者へ頼みます」
なあんだ~。もっと早く聞けば良かった~。

とすると、前任者は、管理会社の仕事と勘違いし、
周りは彼女の行為に甘えていた。
前任者は内心、管〇人が手伝ってくれないことに
怒っていた。でも・・初めからこちらの仕事ではないと
思っていたのかもしれない。
私は、管理会社(こちら)の仕事だと思っていた。
規約を確認してもはっきりしなかったから・・・。

そして、組合事務員さんは、前任者(事務員)がやったのだから
貴方の仕事!と思っていたようだ。事務員が業務用エアコンの
掃除って(°_°)

勇気をだしてちゃんと事務局長へ確認するべきでした。
落ち着いて事務局長へ今までの経緯を話すことができたのが
良い結果につながったようなきがしています。
落ち着いて・・相手に分かるように事実を話す事・・重要ですが
いつもは感情が先走りなかなかうまく物が言えない。

再度医師に確認した

朝、一番に病院へ確認に行きました。
2日前に医師から言われた、腕のあちこちの内出血の件です・・・
朝7時半に病院へ到着し、8時から受付。10時半ごろ診察室から呼ばれた。
予約なしの場合は「2***」番台の番号になるみたいです。

早速、静脈の内出血は問題ないけど動脈になったら薬を中止!と言われた事を
再度尋ねたら、
 「そんなことは言ってません。動脈に内出血は起こりません。
  私がいったのは、心臓の冠動脈のことです。」
と言われたので
 「脳溢血なんかも起こしてしまうのでしょうか?」と聞くと
 「100%ないとは言えないけど、バイアスピリンを飲んでも飲まなくても同じです」と言う。
 漢方薬に代用できないのでしょうか?と聞くと
 「今の治療が最善です。と民間療法に変更し、亡くなった方を沢山見ています。
それは、○○さんの世界です」・・・と。
年より夫婦で暮らしていて、もしも脳内出血を起こしたら救急車へ連絡するのですね。
と聞くと、そうです。しかしここの病院は脳神経外科は強くないので
救急隊が別の病院へ運ぶことになります・・・とも医師は言う。

すっきりしない気持ちです。

母の通院

昨日、2か月ぶりの母の「循環器内科}の通院でした。
血液検査~心機能検査~診察となりますが。
クレアラチンの数値はギリギリで透析一歩手前を横這い・・
血圧降下剤の影響らしく血圧をある程度下げないと心臓に負担が
かかることも原因。更にここへきて手首付近に内出血が出たり消えたりで
とても気になり尋ねると?
薬(血液をサラサラに保つ)が長くなると、その影響で
静脈が内出血をおこす。でも出たり消えたりする程度であまり気にすることはない・・
これが動脈だったら薬は中止なのだけど・・・
それよりクレアチニンの数値がとても気になっています。とのことでした。
母を送り届け帰宅してから、気づいた。
動脈に内出血って危険じゃないの?との時に薬はやめます・・と言う話じゃないんじゃないの?
と言うことで、もう一度確認に病院へ行かなくてはなりません。
なぜか、医師に言われた時にすぐに質問出来ない。

長い間服用すると、内出血をおこしやすくなる薬。
そうなる前に何とかしたい。

プロフィール

ノブ

Author:ノブ
50代女性
猫 花 山歩き 歴史が好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR